外壁塗料の種類と効果

塗料の種類耐用年数
アクリル(安価)3~5年
ウレタン(安価)6~8年
シリコン(価格、耐候性共バランス良)10~13年
フッ素(高価)12~15年
無機系(超高価)20年以上

ウレタン塗料 - コスト削減 –

店舗やアパートによく使われます。比較的安価な塗料のため、耐久性よりも安くキレイにを重要視する方にオススメです。ツヤが出やすいのが特徴です。

◎高い汎用性

誰が塗っても失敗が少ない塗料でしょう。非常に扱いやすい塗料です。

◎防カビ・防藻性

建物の美観を損なうカビや藻を防いでくれます。

◎安いけれど耐久性はイマイチ?

耐久性が低いので外観維持を長期的にするにはあまり向きませんが、安く経済的ですので、頻繁に外壁の色を変えたいという方には最適です。

職人から一言

とにかく値段が安くて済みます。今でもよく使われる塗料の内の一つです。
職人にとっても塗り易くてツヤも出しやすい塗料です。

耐久性は低いですが、これから新規開業される店舗などには、初期費用が抑えられるため良いでしょう。ただし、10年に1度くらいで塗り替えを予定されている方には少し耐久性が足りないでしょうか。

フッ素樹脂塗料 - ずば抜けた耐久性 –

最近開発されたこの塗料は、なんと耐久年数が20年とも言われています。光沢は20年後でも80%以上保つというから驚きです。

一旦汚れが付いてしまってもフッ素が持つ親水性により、汚れが流されます。
外壁は勿論、なかなか塗り替えが出来ない屋根にも向いてる塗料です。

◎高い耐久性

非常に高い耐久性を誇ります。色褪せを紫外線をカットしながら防ぎます。

◎高い防汚性

塗膜はガラス質に近く埃や水垢がつきにくいので汚れを寄せ付けません。

◎ライフサイクルコストの削減

フッ素は防汚性と耐久性の両面においてズバ抜けた性能を持っています。

職人から一言

この塗料は外壁はもちろん、屋根の塗装にもオススメしたいです。ツヤも落ちずに色褪せもないので長期にわたって美しい外観が保てます。
本当に長期に渡ってツヤを維持できるので驚かれると思います。

耐熱塗料と断熱塗料について

1. はじめに

近年、塗り替え工事の際には何かと話題に上がる遮熱、断熱塗料。エコ塗料、省エネ塗料、節電塗料と呼ばれるものもありますが、それらの塗料もほとんどこの遮熱、断熱塗料と同様と捉えて差し支えないでしょう。
どのような特徴が一体あるのか。また、それらの塗料を使うとどのような効果が期待出来るのかといったことを、ここでは考えていきたいと思います。

まず、遮熱塗料、断熱塗料と、この2つは言葉の響きが似通ってはいますが、塗料の特徴としては全く異なった特徴を持っています。遮(さえぎる)熱(ねつ)と書く遮熱塗料は、その名の通り、塗料(塗膜)により熱を遮ることを目的とした塗料です。
一方、断(断つ)熱(ねつ)と書く断熱塗料は、こちらもその名の通り、 塗料(塗膜)により熱を断つ(遮断する)ことを目的とした塗料です。
熱を遮ったり断ったりをどのようにしてするのかということになりますが、その前にまず、室外、室内温度上昇がどうのようにして行われるかということから考えてみたいと思います。

2. 温度上昇の原因

室内温度上昇の原因は、太陽光や外気温により引き起こされます。また外気温も太陽光によって上昇しますので、主たる原因は太陽光といえます。
その他の原因としては、電化製品も室内の温度を上昇させる原因の一つではありますが、太陽光と比べればその要因は僅かですので、太陽光のみで今回は考えていきたいと思います。

太陽の光エネルギーは、赤外線約50%、可視光約47%、紫外線3%から成り立ち、赤外線が、この中で熱を持った性質のエネルギーです。
太陽の高度によって受ける赤外線の量が増えることになります。
夏場など太陽の高度が高い時期は、赤外線や紫外線が増加して光エネルギーを受ける割合が多くなり、冬場など高度が低い時期には赤外線や紫外線が減少、光エネルギーを受ける割合が少なくなります。

このような事情から、赤外線量が増える夏場は温度が上昇、反対に赤外線量が減る冬場は温度が低下。ということになります。

3. 遮熱塗料「高日射反射塗料」とは

熱の原因は赤外線ということが、上記のことから分かりました。
それならば、その熱エネルギーの影響を受けなければ、温度上昇は緩和されるということですので、その熱エネルギーを遮ることが出来る塗料が、遮熱塗料というものになります。遮熱塗料は正確には、熱を遮るというよりも、ある程度熱エネルギーの赤外線を反射することにより、直接的な熱エネルギーの影響をあまり受けないようにすることが可能な塗料となっています。

代表的な遮熱塗料
パラサーモ(弱溶剤NAD系屋根用遮熱塗料)
水性パラサーモ(水性1液シリコン樹脂屋根用遮熱塗料)
パラサーモシリコン(弱溶剤シリコン樹脂屋根用遮熱塗料)
パラサーモシールド(中空バルーン配合屋根用遮熱塗料)
ロックペイント シャネツロック

4. 断熱塗料とは

2. において、熱の原因は赤外線ということが分かりました。
熱の原因となる赤外線を遮熱塗料が反射することによって、表面に受ける赤外線量を減らして、表面温度の上昇を妨ぐことが目的の塗料であるのに対し、一方の断熱塗料は、遮熱塗料が持っているそのような特徴は無く、熱を断つ、遮断することが出来る特徴を持った塗料です。

時間が経過するにつれ、塗膜表面の温度は内部に進行していきます(熱の伝導)。
この進行する熱(伝導熱)の遮断が可能な塗料が、断熱塗料です。
通常の塗料(塗膜)の場合では、熱がすぐ内部に伝わってしまうことになりますが、この断熱塗料の場合は、ある程度、内部に熱が伝わる時間を遅らせることが出来ることとなり、内部の温度上昇に対する時間を抑えて、結果、内部の温度上昇を抑えることが可能です。

ただし、断熱という意味合いは、塗料の場合では、一般的な断熱材での考え方とは違う側面があります。
通常の断熱材は熱エネルギーが通過しにくい素材を、その素材の厚みによって進行する時間を遅らせます。
ですので、グラスウール(熱エネルギーが通過しにくい素材)を50mmの厚さで設置することで断熱性能を持たせたり、また、厚みを50mmから100mmに変更したりしてその性能を高めたりします。

一方の断熱塗料の場合は、熱エネルギーが通過し難い素材の塗料で塗装を施したとしても、必要となる厚みを十分に取ることが出来ません。
通常、塗膜自体の厚みは50μ程度。
厚みが仮にあったとしても1~2mm程度しかありませんので、通常の断熱材と比べると、到底比較にならないほど薄いものです。

一般的な断熱材のほうが、断熱性能だけ比べるとするならば、はるかに性能は良いといえます。
ですので、塗料の場合は断熱塗料のみで使用してもそれほど断熱性能は上がらないため、ほとんどの場合、遮熱塗料との組み合わせで使用するケースが多です。
表面の温度上昇を遮熱塗料によって食い止め、断熱塗料によって、その表面温度の内部への進行をある程度防ぐというのが断熱塗料の使い方として一般的です。
内部に進行している熱エネルギーを、塗膜内部の素材によって熱エネルギーの反射作用を働かせて、更に進行を遅らせている塗料なども、塗料によってはあります。
遮熱塗料の製品の豊富さと比較すると、断熱塗料で上市されている塗料の数は非常に少ないです。

代表的な遮熱・断熱塗料
エスケー化研 サーモシャット工法
日進工業 ガイナ

5. 遮熱塗料、断熱塗料により期待出来る効果と建物構造

遮熱塗料、断熱塗料どちらも、室内温度の上昇を防ぐ目的で使われますが、一番ここで重要なことは、どのような構造の建物でも一定して同じ効果は得られないということです。
建物の形状や用途によって、既存の断熱設備がどれくらいあるかによって全く異なった結果になります。
効果が一番出易いと言われている建物は工場や倉庫(例外もあり)になります。これらの建物の場合、殆ど、断熱材などの断熱層がない場合が非常に多いので、比較的一番効果が出易く、また、節電効果も期待出来ると言われています。

一般的に遮熱、断熱カタログの中で、製品の比較のために紹介されているグラフや写真なども、このような理由から倉庫や工場、またはプレハブなどで実験した結果や、サーモグラフィーの写真などを載せていることが多いです。 逆に効果があまり期待出来ない建物はと言いますと、私達が生活している戸建住宅となります。

ページ先頭へ戻る